voiture+ ~LEXUS情報 時々 浮気~

voiture+ ~LEXUS情報 時々 浮気~ ホーム » 
       

国産車パワーウェイトレシオランキングでレクサス車は何台?



そもそもパワーウェイトレシオってなーに?


そう思う人も多いでしょう。
車の加速力の差を比べるにはいろいろな要因に左右されて
はっきりとした加速性能を数字で示すことはできません。

例えば、

エンジンの最高出力(馬力)や最大トルクの大きさ
それを発生するエンジンの回転数、トランスミッションのギアレシオや駆動方式
など要因があります


よく見るのは最高出力(馬力)ですね
以前、馬力表示の方がピンとくるでしょうか

300馬力や400馬力となると、
おぉ~すごい!
となるわけです。

そしてスパーカーともなると600馬力とかで、凄すぎるとなるわけです。

ひと昔前だと各車メーカの280馬力規制があったのでそれが頭うちでした
その280馬力規制がなくなってから日本メーカも次々に高馬力車を投入して、
今では400馬力や500馬力という車も、少ないけれども珍しくはなくなりました


パワーウェイトレシオは、車の大まかな加速力の目安となる数値ですが、
最近では少し耳にする機会が減ったかもしれませんね

1馬力(ps)あたりが負担する車重(kg)の事です




パワーウェイトレシオはどう計算するの?


2733124_R_20171124000634eaa.jpg 

では、パワーウェイトレシオはどう計算するのかと言いますと、計算方法はすごく簡単

車の「車重」÷「最高出力」で計算できます

この時の数字が小さいほど、加速が良いということになります
馬力はあるけど、うーんと重い車と
馬力はそこそこだけれど、車重がすごく軽い車

こんな車を比べるのにパワーウェイトレシオは役立ちそうですね

ただ、あくまで速さの目安でしかないので、おおよそこれくらい。
というぐらいに思っておくのがいいでしょう



国産車歴代パワーウェイトレシオランキングトップ10


Lank_R.jpg 


歴代のパワーウェイトレシオランキングが発表されていましたので抜粋
最近の車が目立つのは、やはり280馬力規制が廃止され、ハイパワー車が増えたこと

それだけでなく、車の鋼板にアルミ材やカーボン材が使われ、車重が軽くなったことがあげられます


このトップ10の中にレクサス車が5台入っています
しかも、Fモデルが3台

やはりFモデルはハイパフォーマンスモデルと銘打って開発されていますので、すごいです




堂々の1位はレクサスLFA


LFA_R_20171123231258076.jpg 



ランキングトップを飾るのがレクサスLFA
500台限定の誰しも認める国産のスーパーカーです
Fもですのフラッグシップです

パワーウェイトレシオは2.64

フロントミッドシップに搭載したレブリミット9000rpmという
V型10気筒自然吸気エンジンの”1LR-GUE”は最高出力は560PS、
最大トルク480N.mを発生させます。
トランスアクスルの6ATにより後輪を駆動するFRレイアウトが取られています

0-100km/h加速は3.7秒、
最高速度は325km/hにも達し、
最高速に関しては国産車トップです

ヤマハがチューニングを行ったLFAのエンジンサウンドは
”天使の咆哮”と呼ばれ、国産車とは思えないほどの
官能的でクリアな音を奏でることでも有名ですね

新車販売価格は3750万円にもなりますが、
世界限定500台ということで希少性が非常に高く、販売は抽選で行われました
それもあってか、欲しくても手に入れられなかった人もいるとか。



第4位にレクサスRCF


RCF_R_201711232313000d4.jpg 


パワーウェイトレシオは3.37

レクサス RC Fは、2014年に登場したスポーツクーペのRCシリーズの頂点に立つモデルです。


V型8気筒の2UR-GSEエンジンは2007年に登場したIS-Fのエンジンを改良して搭載。

圧縮比の変更、燃焼室の形状変更、排気系など全てが見直され、

従来の423PSから54PSアップとなる477PSを実現しています。


エクステリアにもRC F専用のものがふんだんに与えられ、

スタンダードのRCに比べて全長は1センチ長く、全幅は1センチ広く、

全高は5ミリ低められています。


”意のままに操る喜び”を追求したというRC F。

RC350 Fスポーツから285万円アップの967万円


1000万円以下で買えると考えれば、お買い得?




第5位はレクサスGSF


GSF1_R_20171123231253dd0.jpg 



パワーウェイトレシオは3.38


GS Fは、RC Fの登場から約1年後の2015年11月に登場したスポーツセダン。

”F”の名を冠したセダンとしては2台目となるモデルで、

乗車定員が5人となるのも”F”シリーズでは初めて。


スタンダードのGSよりもボディ剛性を高めるため、

スポット溶接やレーザー溶接の個所を増やし、

過酷なサーキット走行にも耐えるボディを実現した。



剛性が上がったボディに対応するため、

サスペンションやブレーキにもGS F専用に開発されたものが装備されている。


エンジンはRC Fと同じ2UR-GSEが搭載されているが、車重が重いために順位を落としている。


大人5人が快適に移動できる、ハイパフォーマンス・スポーツセダンとしては国内で唯一ですね




第6位はレクサスISF


ISF_R.jpg 



パワーウェイトレシオは3.99


ぎりぎり4.0を切りました


レクサスのFモデルの歴史はこのISFから始まりました

すごいモデルが登場すると話題になりました


IS Fは、レクサスのトップスポーツモデル”F”シリーズとして初めて世に出たモデルです。


2代目ISのGSE2#型がベースで、

ミドルサイズのセダンにV8 5リッターの心臓を詰め込んだ、

ハイパフォーマンス・スポーツセダンです。


エンジンは、当時LS600hに使われていた2UR-FSEを

IS F専用にチューニングした2UR-GSEを搭載。

最高出力423PS、505N.mを発生し、

0-100km/h加速は4.8秒、

最高速300キロオーバー(日本仕様は180km/hでリミッター作動)の

パフォーマンスを誇る。



エクステリアには幅広のフロントフェンダーや、

V8エンジンを収める為の盛り上がったボンネットなどが与えられ、

インテリアにも”F”のロゴを随所にあしらい、スタンダードモデルとの差別化が図られています


搭載している2UR-GSEは1世代前のもので最高出力は低めだが、

車重が1690キロと軽いためランクインです




第7位はレクサスLC


LC_R_20171123231257c2e.jpg 


パワーウェイトレシオは4.06


ついこの前、発売になったLCもランクインです。


パワーは十分なのですが、2トン近い車重のため低めの順位になっています。

しかし、国内のカーラインナップでは間違いなくトップクラスのパフォーマンスを持っているでしょう


レクサス初のFセグメントクーペであるLC500は、

V6 3.5リッターハイブリッドのLC500hとV8 5リッターのLC500に分けられる。


このうち、V8 5リッターを積んだLC500は

他の”F”シリーズと同じ2UR-GSEが搭載され、エンジンスペックも共通となっている。


TNGAコンセプトのGA-Lプラットフォームが採用された

スーパーカー然としたスタイリングは、

全長4,770mm、全幅1,920m、全高1,345mmという

非常にロー&ワイドなもの。


スポーツカーというよりはグランドツーリングカーの位置づけなので、

エクステリアやインテリアはラグジュアリーな仕上がりを見せている。


レクサスのクラフトマンシップによりレザーやアルカンターラ素材を使ったインテリアは、

とても開放的で温かみを感じる仕上がりです





このようにランキングではレクサス車が多数ランクインしました

特に4位から7位まではレクサス車が独占


レクサスLCには、Fモデルが発売されるとのことですので、そうなればLCF(仮称)は当然ランクインするでしょう


車重の重さはパワーでカバーし、パワーウェイトレシオの数字も小さくなるでしょうね


2位には日産のGT-R、3位にはホンダのNSXですから、

パワーウェイトレシオは、車の加速力や性能をみる一つの数字というのも納得ですね









関連記事

新型レクサスLSの受注が好調すぎる

.


レクサスLS受注目標を大幅に超える


新型レクサスLSが10月19日に発売されてから1か月経過しました
その受注が好調です

レクサスLSと言えば、レクサスのフラッグシップモデル
価格も今回の新型リリースに合わせて大幅にアップされました
ベース車両であるグレードも980万円から。と乗り出し1000万円を超えることは確実

そもそもこれだけの価格の車を買う人ですから、
ベースグレードなんて買う人はほとんどいないと予想されます


ガソリンモデルのLS500は980万円から1540万円
ハイブリッドモデルのLS500hは1120万円から1680万円
となっています

もう4桁が標準みたいになっていますね


そのようなレクサスLSの月産目標台数は600台でした
1か月経過した受注台数は9500台
実に15倍となる台数を受注しており好調な立ち上がりと言えます


モデル別にみると
ハイブリッドモデルのLS500hは約6800台
ガソリンモデルのLS500は約2700台
となっていて、ハイブリッドモデルが約7割を占めることから
ハイブッド人気という事が分かります




好評されているポイント


2_R_20171121020845c86.jpg 



新型LSのデザインはこれまでの4ドアセダンとは違って、高級だけでなく走りの力強さも創造させるクーペライクなシルエットとなっています


さらにインテリアではコックピットデザインを刷新し、運転に集中できるよう様々な情報が集まっています

レクサスLSと言えばその静粛性と快適性は外せません
それはもちろん、操舵応答性、安定性なども追及されていて
後部に乗るのもよし、自分で運転するのもよし、と気持ちの良い走りができるように工夫されています


安全面でも他車の追従を許しません
先進の予防安全技術を搭載し、高度運転支援技術のレクサスCoDriveをパッケージ化して、大型ヘッドアップディスプレイも搭載
レクサスセーフティーシステム+Aを採用し、世界トップといっても過言ではない先進の予防安全技術を搭載している所も好評になっています


これまで安全装備には一歩遅れた感じが否めないレクサスでしたが、その点も払しょくできたのではないかと思います

CMでよくサポカーという言葉を聞くようになり、
これからトヨタは全面にプッシュしてくるでしょう









関連記事

レクサスRXの3列ロング仕様 RXL出展






レクサスRXのロング仕様がLAモーターショーに出展


レクサスRXはこれまで2列シートのみでしたが、3列シートの要望も増えてきたのかその開発が噂されていました
このたび、11月下旬に開催されるロサンゼルスモーターショーにて
RXの3列シートのロングバージョーンが出展されるとアナウンスがありました

RXの3列シートの発表とともに、
RX450Lというモデル名が公開されました

RX350Lはガソリンモデル
RX450Lはハイブリッドモデルとしてラインナップされるそうです





RX450Lだけではない


20171116-10277288-carview-000-2-view_R.jpg 





RXの3列シートのモデルは450Lだけではなく、
350Lのモデル名が入った写真も公開されました

これで3列シートのRXLは、350Lと450Lの2本立ては確実になりましたね


3列シートでは、これまでのRXの全長では少々手狭になることが懸念されましたが、
ロングモデルとすることで、快適性、居住性を両立できる見込みです


RX2列モデルの全長は4890mmです
RX3列ロングモデルとなると5m越えになりそうですね


レクサスLXの全長は5080mmということを考えると
やはりそれなりの長さになりそう

5mを超えると日本の駐車場事情から停めれる場所も少し制限されそうです


北米ではまだまだ3列シートの高級SUVに対する需要は強いことからロングバーション3列シートを設定することで、このターゲットを取り込むことを狙っているのでしょう








関連記事