レクサスの自動運転はここまで進んでいる - voiture+ ~LEXUS情報 時々 浮気~

voiture+ ~LEXUS情報 時々 浮気~ ホーム » LEXUS その他 » レクサスの自動運転はここまで進んでいる

レクサスの自動運転はここまで進んでいる



自動運転が現実になろうとしている時代ですが、
トヨタも当然自動運転を研究しています

レクサスでは以前はRXを使ってテストドライブをしていました
ルーフに大きなカメラを搭載していたのが印象的です


この度の最新動画ではレクサスRXからLSへと変わっています

GPSと高性能レーダを使って道をトレースしているようです



手を放しての運転


auto2_R.jpg


動画の中では、
ステアリングから両手を放しても車が進む様子が写っています

ステアリングが小刻みに動いていますので
道に沿って修正しているのでしょう


高性能カメラですが、フロントフェイスからはパッとみ分かりません
リアになると、ルーフ近くに
何やら見かけない突起が両サイドにあるのが分かります


これが高性能カメラなのでしょうか




自動運転のレベル分け


auto1_R.jpg 


警視庁は自動運転の公道での実証実験を行う際のガイドラインを策定、公表しています

運転者の同乗が条件で
運転者がいない状態で、かつステアリングがない状態の
「完全自動運転」は認められていません


ただ、自動運転は国内外のメーカーや企業が開発を競い合っており
これからの成長も期待できる分野です

政府も成長戦略の目玉としていることから
ますます拡大していくと思われます

自動運転のレベルは大きく分けて4つに分かれています


  • レベル1 安全運転支援
 制御など一部の機能が自動



  • レベル2 準自動運転
 制御や加速、ハンドル操作のうち
 複数が自動制御


  • レベル3 準自動運転
 操作が原則自動
 必要時に運転者が操作する


  • レベル4 完全自動運転
 運転者不在、ハンドルが無いなど


IT業界の巨漢、グーグルは完全自動運転を目指しています

当然海外ではレベル4を目指して開発を進めてくるわけで、
ここで日本が出遅れるわけにはいきません


道路交通法などの法令に関しても
法整備を早急に進めないといけません



関連記事




トラックバック

http://voitureplus.blog.fc2.com/tb.php/530-89758491